読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神奈川で前歯を安いセラミックに。

神奈川で前歯を安いオールセラミックに。

保険が適用される審美歯科治療のお値段

一般歯科での虫歯などの治療には保険が適用されますが、審美歯科での矯正やホワイトニングといった、病気の治療ではなく見た目を綺麗にする目的で行う治療は基本的に自費診療となります。ですが、審美歯科の診療が全て自己負担なのかというと、そうではなく中には保険が適用される審美歯科治療もあります。

適用される為には、前歯と奥歯で条件が違ったり、使用しても良い材料が限られているなど制限が多いようですが、上手に自費診療と併用していけばなるべく値段が抑えられるという大きなメリットもあります。


自費診療は、全て自己負担で高額な値段の治療費を払わねばならないことがデメリットですが、保険診療では認められていない様々な材料を使った治療法を自由に選択することができます。


審美歯科の自費診療で使われる歯の被せ物の素材は、陶材のみで作られた「オールセラミック」や、超硬質レジンで作られた「オールハイブリッドセラミック」、超硬質レジン前装冠の「ハイブリッド前装冠」、金属で冠を作って表面は陶材の「メタルボンド」など複数の種類があります。

どれを選ぶかは、使用する歯の位置や、強度の必要性、見た目、値段などについて患者さんと歯科医が相談して決めることになります。セラミックはより本物に近い自然な風合い・色目・透明度が出ることが特徴で、変色はあまりなく強度もしっかりしています。


保険診療では、前歯の被せ物には白い素材が使用できますが、奥歯の詰め物や被せ物には銀色のものだけです。また白い被せ物に関しても、「レジン」というプラスチックを使います。中でも被せ物の場合は「硬質レジン前装冠」という、金属の冠を作って表面に歯と同じ色をした硬質樹脂を張り付けるタイプを使います。


レジンはセラミックに比べると年月による変色や劣化が起こりやすいというデメリットがあります。ただし、これは個人差があるもので、多かれ少なかれ自分の歯であっても年月を経れば変色は起こりやすくなります。